アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

英語に比べるとフランス語は日本人にとって馴染みが薄いため、しばしば難しく考えられています。確かに何も知識がない人からすれば、その発音を聞いただけでとても難しく感じられがちです。 フランス語と日本語は子音の数が近く、前者が17個であるのに対し、後者は16個です。この内の10個程度が似たような音をしていますので、そのポイントを踏まえれば、後は残りの部分を入念に練習するだけです。最も難しいのが、アールの音です。学習経験がある人からも、難しいとよくいわれています。 しかし、母音を見ると、フランス語が17個に対し、日本語は5個しかありません。似たような発音の部分がないのも子音との違いです。 結果として、かなり難易度が高い外国語だといえますが、難しいからこそプロの講師に学び、きちんとした発音を覚えることをおすすめします。 東京にはフランス語を学べる語学学校がたくさん存在します。マンツーマンによる指導なら自分のペースで学べます。
Tagged on: , アテネ・フランセ